残りの人生を落ち込んで過ごす

Posted by nihonseiri - 10月 29th, 2013

結果は何であれ、創造システムの目的は、問題に対するある解決に導く新しい全行動を見つけようとすることである。落ち込むことは、大きい。すなわち、自分の人生に対してより効果的なコントロールを取り戻せない人、また、種々の立派な理由のために、不満足な人間関係をあきらめることを抱否する人が、残りの人生を落ち込んで過ごすことは珍しいことではない。彼らが自分の一症状をかかえるようになることはよくあることであるが、しばしば関節炎のような新しい痕状が、彼らの人生に十分なコントロールを与えるので、もはや落ち込みを選択しないですむ。関節炎は、私がカウンセリングをした二人の女性に対してそのような働きをした。関節炎は、彼らに取り組むべき何かを与えてくれた。大したことではないが、何かであったことは確かだ。彼らは、自分たちの不満足な結婚に対処する気持ちはなかった。離婚の気持ちもなかった。夫に対する対応の仕方を変えたいとも思わなかった。しかし、生理反応行動のほかに、私たちの創造システムによって、一つの、しかし、ときにはある心理的行為、思考、感情行動が私たちに提供されることもよく起こることである。

Leave a Reply

Blog Home