助けを求める

Posted by nihonseiri - 10月 31st, 2013

私たちは怒りを抑制する必要がある。私たちはしばしば助けを求める。そして、症状のせいにして、自分自身の世話や新しい必要な人間関係を見つけ、維持することを避けようとする。良いカウンセリングを受けることで、提供された心理的創造性を受け入れることをやめるよう説得できる。しかし、助けなしでも、狂気を受け入れる選択をする人が、狂ったままでいるわけではない。こんにち、うまく機能している数十万人もの人が、狂った経験がある。もっと多い数百万もの人が、落ち込み、恐怖、強迫、不安、パニック、そして原因不明の身体的痛みを選択したことがある。しかし、今はもうしていない。ある人たちは、このような創造性が提供するものを自分で拒否し始め、多くはカウンセラーの門をたたく。カウンセリングを受けて、自分の人生を効果的にコントロールできるようになり、このような行動を選択しなくなる。最終的には、この創造システムは自殺への思いを提供するかもしれない。問題を解決するのだ、死んだら苦痛は一度だけで終わる、と考える。自殺をする人は、最後の創造的な試みをするのです。しかし彼らの多くは、カウンセリンクが提供されれば、それを歓迎し、最後のステップを避けるであろう。

Leave a Reply

Blog Home