拒否するのが困難

Posted by nihonseiri - 10月 30th, 2013

落ち込みと一緒にして、精神科医はこのような全行動を精神病と呼ぶ。このようなほとんどの全行動は、神経症、精神異常、身体的苦痛(身体的原因のない頭痛や腰痛の類)というような項目に分類される。もしそうしたものが心底的なものであれば、カウンセリングをしても、こうしたものを選択している理由を見つけることがないかもしれない。しかし、ほとんど常に、人間関係の問題に関係している。愛の問題である必要はない。もっと気にかけてほしいということかもしれないし、要求を少なくしてほしいというものかもしれない。しかし、何であれ、重要な人間関係が私たちにとってうまくいっていないということだ。もし、不満足な人間関係を探しても、はずれてはいない。これが、私たちが狂う普通の方法なのだ。しかし、精神病と呼ばれるこのような行動が提供されることは、私たちがこうしたものを受け入れなければならないという意味ではない。精神異常では、私たちの創造システムは、幻覚や幻聴、さらには緊張型分裂症に見舞われる身体的創造性を提供し、その提供の仕方があまりにも強力なのでそれらを拒否するのが困難である。

Leave a Reply

Blog Home