助けを求める

Posted by nihonseiri - 10月 31st, 2013

私たちは怒りを抑制する必要がある。私たちはしばしば助けを求める。そして、症状のせいにして、自分自身の世話や新しい必要な人間関係を見つけ、維持することを避けようとする。良いカウンセリングを受けることで、提供された心理的創造性を受け入れることをやめるよう説得できる。しかし、助けなしでも、狂気を受け入れる選択をする人が、狂ったままでいるわけではない。こんにち、うまく機能している数十万人もの人が、狂った経験がある。もっと多い数百万もの人が、落ち込み、恐怖、強迫、不安、パニック、そして原因不明の身体的痛みを選択したことがある。しかし、今はもうしていない。ある人たちは、このような創造性が提供するものを自分で拒否し始め、多くはカウンセラーの門をたたく。カウンセリングを受けて、自分の人生を効果的にコントロールできるようになり、このような行動を選択しなくなる。 Read More »

拒否するのが困難

Posted by nihonseiri - 10月 30th, 2013

落ち込みと一緒にして、精神科医はこのような全行動を精神病と呼ぶ。このようなほとんどの全行動は、神経症、精神異常、身体的苦痛(身体的原因のない頭痛や腰痛の類)というような項目に分類される。もしそうしたものが心底的なものであれば、カウンセリングをしても、こうしたものを選択している理由を見つけることがないかもしれない。しかし、ほとんど常に、人間関係の問題に関係している。愛の問題である必要はない。もっと気にかけてほしいということかもしれないし、要求を少なくしてほしいというものかもしれない。しかし、何であれ、重要な人間関係が私たちにとってうまくいっていないということだ。もし、不満足な人間関係を探しても、はずれてはいない。これが、私たちが狂う普通の方法なのだ。 Read More »

残りの人生を落ち込んで過ごす

Posted by nihonseiri - 10月 29th, 2013

結果は何であれ、創造システムの目的は、問題に対するある解決に導く新しい全行動を見つけようとすることである。落ち込むことは、大きい。すなわち、自分の人生に対してより効果的なコントロールを取り戻せない人、また、種々の立派な理由のために、不満足な人間関係をあきらめることを抱否する人が、残りの人生を落ち込んで過ごすことは珍しいことではない。彼らが自分の一症状をかかえるようになることはよくあることであるが、しばしば関節炎のような新しい痕状が、彼らの人生に十分なコントロールを与えるので、もはや落ち込みを選択しないですむ。関節炎は、私がカウンセリングをした二人の女性に対してそのような働きをした。関節炎は、彼らに取り組むべき何かを与えてくれた。大したことではないが、何かであったことは確かだ。 Read More »

無意識にマイナス方向へ流れる

Posted by nihonseiri - 10月 28th, 2013

私たちが自己免疫疾患にかかれば、医師を探す。医師はカウンセリングをするか、カウンセリングを納めるかして、問題解決に役立てる。このような行動は、失敗するかもしれないと恐れているものから引き離してくれる。落ち込んだり、病気になったりするほうが、新しい人間関係や新しい仕事を探すよりも簡単である。特に、拒否された経験があれば(私たちのほとんどは経験している)なおさらである。いくぶんかのコントロールを私たちに与えてくれるけれども、支払う代価はみじめになるという代価だ。私たちが落ち込んでいるときでも、私たちのみじめさや不満足感は、私たちを否が応でもより良い行動を探すように仕向ける。起こった出来事に対してあきらめの境地にあるように思えても、実際はそうではない。 Read More »