スマホで出会い系サイトに日々アクセスする人妻

Posted by nihonseiri - 11月 4th, 2016

現代は知らせしかたが非常に発達していらっしゃる。端末やスマホなど様々な知らせしかたが存在し、多種多様なHPにアクセスすることができます。なかでも最近は出会い系サイトがたくさん存在します。そんなに多くの先方がそういったHPを利用して新遭遇を求めている拠り所です。生活で遭遇はありそうで、なかなかないものと言えます。とりわけ若い人はアカデミーやショップでたくさんの遭遇がありそうですが、若い人はそういった事柄ではかなり異性に結びつかない傾向にあります。それは若い人のコミュニケーション能力が低下しているためです。若い人はSNSなどのネットを介在とした機器であるとかしこくコミュニケーションをはかることができますが、生身の性分を目の前にするとかなりお喋りが成立しないことが多々あります。そこでティーンエイジャーは出会い系サイトを介して、側や彼を作る人が多くなっていらっしゃる。また最近は女性も出会い系サイトを利用して遭遇を求める傾向にあります。近頃ドラマやワイドショーも不倫やアバンチュールっていうことがはやり、ズームアップされています。そういった媒体の誘惑もあり、彼を作る女性も多くなっていらっしゃる。しかし女性にとってダディーに不倫の事例がばれるのはひときわ物凄いためあり、避けなければいけないことです。そのため女性は素性の明らかな、ステータスのしっかりしたダディとお付き合いする必要があります。
ここらあたりが質の良い人妻に会える出会い系サイトだと感じているよ。
そこでお勧めなのが優等出会い系サイトにおいてダディと知り合うことです。優等出会い系サイトはメンバーズオンリーで構成されていて、誰でも簡単に訪問できるものではありません。ダディリーダーはリーダーになるのに、状況資格や取り引き、年収などをあかしなければいけません。一定の条件を満たしていない場合はリーダーになることができません。そういった優等出会い系サイトを女性が利用すれば、自分の危険や不倫がばらされる気苦労がありません。なぜなら彼氏ダディの素性を一切把握した上でお付き合いできるからです。一段と優良なHPであると、コンサルタントが存在し、二人の遭遇をコーディネートしたりサポートしてくれます。万が一災難に見舞われても、コンサルタントに相談することができます。

酒の過ちは避けたい

Posted by nihonseiri - 3月 1st, 2016

品川界隈のタワーマンションに住んでいる人妻が同じくタワーマンションに住む男性に出会い系で知り合うというのはよく聞くような話に思えますよね。誰もが羨む生活をしているような人妻でも高評価の出会い系サイトのような気持ちが高ぶる刺激が欲しいのでしょう。

二子玉川に住んでいる落ち着いた人妻が出会い系サイトを活用する事で日常の苦労を忘れたいと思うのはありがちな話みたいですよね。何歳になっても女としての自分を誇示したいと思っている人妻にとって高評価の出会い系サイトほど効率がよいシステムはないのかもしれません。

出会い系サイトの中でも、ポイントを換金できるようなシステムの出会い系サイトを利用する場合、キャッシュバッカーに騙されないようにしましょう。というのも、ポイント換金制の高評価の出会い系サイトでは、出会いを求めているのではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。
彼女たちはサイトに雇われているサクラではありませんし、機械による自動返信の不自然さもないので判断しにくいですが、メールばかりで関係が進展しないようならキャッシュバッカーの可能性が高いですから、早めに切り上げた方が良いでしょう。女性と知り合う機会を少しでも増やしたかったので、利用者が多いと評判の出会い系サイトに登録してみました。
登録したては反応がなくて焦りましたが、気を取り直してこちらから女性にメールを送ると、返事が来ました。

また、こちらのプロフを見てメールをくれる人もいて、一気に楽しくなりました。
そうこうしているうちに、なんとなくやりかたが飲み込めた気がします。
Read More »

女性の性欲が起こりやすい時期

Posted by nihonseiri - 9月 13th, 2014

女性は生理が終わった1週間後くらいからの排卵期は、性欲が起こりやすい時期だと言われています。しかしそれは女性全員が性欲がわく時期だというわけではないようです。この時期、分泌量がピークになっているのが卵胞ホルモンであるエストロジェンだと言われています。エストロジェンは生理が終わる頃から分泌量が増え、排卵期にピークになるようです。エストロジェンが分泌されている時期は、活力に満ちていて異性を引き寄せる魅力が生まれるといわれてたりもします。女性の性欲は精神的なものとも非常に密接な関係があります。排卵期は精神的にもっとも安定している時期なので、その意味でも性欲が起こりやすいともいえるでしょうね。逆に生理前などはイライラしていたり、不安定になっている時期なので、性欲は起きにくいといえるのかもしれません。これは一般的な傾向であって、思いを寄せる男性と一緒にいてキスなどして性的な興奮が高まればいつでも性欲はわいてくるでしょう。男性の場合は女性の裸の写真やアダルトビデオなどを見ればいつでも興奮して勃起することができますよね。でも女性は男性の裸の写真を見てもそれだけで濡れるということはほとんどないようです。それが男女の大きな違いの一つですよね。

冷たい隙間風が男女間に流れる

Posted by nihonseiri - 6月 2nd, 2014

男性は仕事でがんばり、それが評価されて給料がアップして、肩書きが上がる、ということに満足を覚えるという人が多いですよね。でもそれは女性の喜びにはならないんですよね。それが多くの男性にとって理解できないことなのでしょう。あくまでも時間を共有している、心が通っているということに女性は満足するわけです。なぜ女性は感謝してくれないのだろうか、こんな立派な家を建てたのに、高価なブランドバッグをお土産に買ってきたのに、なぜ喜んでくれないのか、と男性にとっては理解できないことが多いのですよね。これはテレビのコマーシャルなどで大きな家で家族が幸せそうにしている映像が流れ、幻想が作り出されているので、それと同じことを多くの男性が真似しようと思ってしまっているのかもしれませんね。 Read More »

女性の征服されたいという願望

Posted by nihonseiri - 5月 12th, 2014

自信に満ちて、力があるという姿を多くの男性は女性にアピールしようとしますよね。男性が力強さ、地位の高さを誇り、金を持っているというアピール行動は、男の右脳に快感を呼ぶ行為であり、自然とそんな態度が出てしまうようですね。一方で女性には出会いの初めのうちは、本音の部分では征服されたいという願望があるのです。好きな男性に抱擁されたい、自分が征服されたいという願望があるからこそ、男の自信のある態度は魅力的に見えるわけですね。この願望は女性の脳の遺伝子の中に組み込まれているようです。男性に守られたい、さらに子どもを産みたいという思いにもつながっているのですね。だから強い男性に無理強いされることを完全には否定しなかったりするわけです。 Read More »

尊敬とは対極にある

Posted by nihonseiri - 4月 19th, 2014

相手によって態度や言葉遣いを完全に変えてしまうような男性は、女性にとって尊敬とは対極にある人物になってしまうのは当然のことかもしれません。まずは、言葉遣いという表面的なものよりも、もっと根本的なその態度を改めなくてはならないかもしれませんね。人というのは、何かを達成すれば快感中枢にドーパミンが分泌されて気持ちいいと感じるメカニズムになっているわけですよね。男性は仕事の成功そのもので快感を覚えるより、女性から尊敬されることで気持ちいいと思えるように努力すべきなのかもしれません。一度でもそのような快感を男脳が体験することができれば、もっと尊敬されたい、といった良い方向へ転がっていくかもしれませんね。 Read More »

情緒不安定な時期について

Posted by nihonseiri - 4月 5th, 2014

女性特有の体の特徴というものを考えてみたいと思うんですが、まずはPMSと呼ばれるものがあります。PMSは月経前症候群といって、生理前にホルモンのバランスが崩れて自律神経系に不具合が生じる病気のことですね。PMSを患った女性の症状はさまざまで、頭痛が激しいこともあれば、顔や体がむくんで肌荒れがひどくなるといった身体的な症状があったり、涙もろくなったりイライラが募って周りに当たり散らしたり、無気力になったりするなど精神的に不安定な症状も表れるようです。症状が激しい場合、情緒不安定になり外へ出るのも億劫になることがあるようです。 Read More »

自分の意志

Posted by nihonseiri - 3月 17th, 2014

自分の意志で生きたいように生きること。日本女性の平均寿命の数値を見る限り、現代女性の母親が現在健康であるなら、これから先も、まだまだ元気でいてくれる可能性が高いということです。親孝行したいときに親はなし、ということわざがありますが、いまの時代では、多少の余裕がありそうです。逆に言えば、親もまたこれから先が長いのです。いつまでも子どもにしがみついていないで、自分の人生を楽しんだほうがずっと有益だと言えるのでしょう。最近の高齢者は、本当に元気で若々しく活動的ですよね。還暦をとっくに過ぎているのに、おしゃれでとても孫がいるように見えない人も少なくありません。多くのお母さんがぜひそのような年齢の重ね方をしてくれればいいですよね。 Read More »

幸せな結婚をするため

Posted by nihonseiri - 1月 5th, 2014

幸せな結婚をするために気をつけなければならないこと。それは、「結婚の理由・動機」についてですね。「大好きな彼のそばにいたい」というのはもちろんですが、「将来設計を考えたうえでパートナーが必要だと判断した」「自分の子どもがほしいから」など、ピュアな感情以外の部分で決断しても、それは全然かまわないと思います。でも「いまの仕事が嫌になったから」「彼がしつこく結婚しようと言うから」「うるさい母親と離れたいから」といった、面倒ごとから逃げるための手段としての結婚の先に本当の幸せが待っているようには思えません。「この結婚は私が選んだ」「ここを自分の居場所にする」という覚悟ができていれば、なんとかがんばって問題を解決しようと思えるはずです。「結婚できないのが恥ずかしい」「男性に選んでもらえない女性だと思われたくない」といった理由で結婚すると、結婚したことで目的達成となり、その後の生活を夫と一緒に作り上げるという意欲が持ちにくくなるということもあるかもしれません。こういった人たちはきっと、「既婚者」というタイトルがほしいだけなのでしょうね。人の目ばかり気にせず、ピュアで素敵な出会いを心の底から味わい幸せを感じるという主観的なものにしか本当の幸せはないように思います。
セックスしたい

尊い出会い

Posted by nihonseiri - 11月 20th, 2013

従来型のコントロール型の心理学を使っている、回復中の人のように、彼女が元に戻ることもあるだろう。彼女は、彼の行動をコントロールすることはできない、できるのは自分の行動だけだと言った。彼らに将来があるとすれば、自律選択理論に基づく将来であってほしいと言った。彼女は、自分が外的コントロールをしなくなってから、どれほど幸せになったかを話した。明らかに、今こそ外的コントロール心理学を放棄するときだ。自律選択理論の助けを得て彼らは結婚した。2人の関係は強化された後では怖がることはない。彼らが今していることは、自律選択理論を基盤にした結婚の核ともいえるもので、何かをする前に、相手が離れる選択をしてしまうかどうかを考えることである。人がお互いから離れるには二つの方法がある。抵抗するか、引きこもるか。戦うか、逃げるか。戦うか、逃げるかは、どんな関係でも終結の始まりである。問題を予防するためには、次のように自問自答することだ。「今これを口にすれば、あるいはこの行動をすれば、二人の関係は近くなるか、遠く離れることになるか」せっかくの運命と感じられるような素敵な出会いであっても、一瞬で台無しにしてしまうというようなことが至る所で起こっているわけです。関係を築くのに時間はかかりますが、台無しにするのは本当に一瞬なんです。それをしっかりと理解して尊い出会いというものを大切にしたいものですよね。

容易なことではなかったが

Posted by nihonseiri - 11月 12th, 2013

約一か月経ったころ、彼は「君は結婚のことを一言も言わなくなったね。考えを変えたのかい」「私、結婚のことは話さないことにしたの。あなたもそれでいいわね」「結婚にはもう興味がないっていうこと?」「その話はしないことにしたの。もしあなたが待っているのが、私が結婚してちょうだいと言うことなら、私はそのお願いをしないことにしたの」「もし僕が結婚して欲しいと言わなかったら?」「そしたら、結婚することはないわ」「最近の君はすてきだよ。でも、こんなふうに過ごせるなんて信じられないな」「私は何もずっとこのままでいるつもりなんてないわ。今の状態を楽しんでいるのよ。もうあなたに会いたくないと思ったら、そのときは話すわ」「それはいつなの」「いつかは分からないわ。でも分かったらすぐにでも知らせるわ」こうして、彼女は人生で自律選択理論をどのように使うかを学び始めた。 Read More »

将来にこだわらなくなる

Posted by nihonseiri - 11月 11th, 2013

「この女性は私をコントロールしようとしている。この女性と結婚したいのかどうか分からない』と。あなたが自分をコントロールしていることを、彼に話すのです。彼はあなたが欲しいものが分かっている。それを処理できないなら、彼はあなたにふさわしくない。彼はあまりにも弱く、無理に結婚しても、うまくいくはずがありません。長く続いても、自分の子供を一人か二人並んで育てる程度でしょう」「先生のおっしゃっていることは正しいと思います。でも、私にはそれができません」「もっと良いことができますか。あなたの人生で、とても欲しいと思っているものが手に入らなくなるときなのかもしれません。でも、少なくともあなたは自分が最善を尽くしたということを知ることになります。彼にしつこくせがまなかった。強制もしなかった。彼には時聞を与えた。それ以上できることはないでしょう。あなたは、このままの関係を続け、しつこくせがみ、彼がしないということが分かっているのに、その気になるまで待ち続けますか。厳しいことです。自律選択理論は厳しいと思います。」「でも、しつこくせがみ、待ち続けるよりも、そうするほうがはるかにうまくいく可能性が高いと思います。もし待って、時間だけが過ぎて、何も起こらなければ、あなたは自分が嫌になるかもしれない。今話したことのほうが、良いことが起こる可能性が高いと思います。このことには期限をつけたほうがよい。そしてあなたがそれを決めるのです」 Read More »

将来の可能性がない

Posted by nihonseiri - 11月 10th, 2013

「でも、すばらしい六か月を過ごした後で、将来の可能性がないという結論に至ったら、どうなのですか」「彼に話すのです。本当のことを話すのです。『これまではすばらしかった。でも、私はこれ以上のものが欲しい』と。それが本当の気持ちでしょう。しかし、むずかしい部分があります。彼が決断をしないようだったら、彼との関係を終わりにする準備をしていなければならない。彼はあなたの人生をコントロールする権利はないし、同様にあなたも彼の人生をコントロールする権利はない。六か月対処する期間があります。それがあなたの限界であるというのであれば。でも長くすることもできます。あなたが自分で期間を決められます」「私しだいなのですね」 Read More »

将来のことは分からない

Posted by nihonseiri - 11月 5th, 2013

「では、現実生活で、彼があなたに『あなたと結婚できるようになるかどうか分からない』と言ったら、どうしますか」「私はみじめになりますわ。泣きます。途方に暮れて」「でも」「でも、死にはしないわ。先生が心配しておられるのでしたら」「この週末に、彼を捨てることを妨げるものが何かありますか。すてきな、完全に愛に満ちた週末を過ごし、それから彼があなたをアパートに送ってくれたときに、さようならを言うのです」「すばらしい愛に満ちた週末を過ごした後で、なぜ、さようならを言うのですか」「なぜなら、あなたがこれからもずっとこれが続くのかと恐れているからです。私たちが話し始めてからずっと、あなたが話しているのはそれですよね」 Read More »

相手の深い部分

Posted by nihonseiri - 11月 4th, 2013

相手の深い部分に働きかけるカウンセラーの手法。「もしあなたが女優だとします。あなたは一人の男を愛している。彼はあなたを愛しているけれども、結婚はできないと言う。少し前に、彼は他の女性と結婚の約束をした。でも彼はその人を愛していない。他にも色んなな事情があった。家業は、彼女の父親としっかり結びついている。もし、彼が結婚しなければ、彼女の父親は、彼の父親の事業をダメにしてしまう。こうなれば、彼の将来が損なわれるだけではなく、彼の父親の将来も、そして他の、大勢の人々の将来が損なわれることになる。彼女の父親は、無慈悲な男です。あなたの愛する人は、あなたにこっそり会うことはできるが、六か月以内に、愛してもいない彼と結婚をしなければならない。彼は、次のように言います。『これからもこうして会い続けよう。あなたなしには僕は生きられない。もし、何も変わらなかったら、二人で死のう』。この劇で、あなたは毒を飲んで死ぬことになる。最後に彼女の父親にその知らせが届く。その顔は険しくなる。観客がそれを見ているうちに、幕が降りる。あまりにも悲劇的で、観客は泣き、拍手をする。あなたはどう思いますか」 Read More »

助けを求める

Posted by nihonseiri - 10月 31st, 2013

私たちは怒りを抑制する必要がある。私たちはしばしば助けを求める。そして、症状のせいにして、自分自身の世話や新しい必要な人間関係を見つけ、維持することを避けようとする。良いカウンセリングを受けることで、提供された心理的創造性を受け入れることをやめるよう説得できる。しかし、助けなしでも、狂気を受け入れる選択をする人が、狂ったままでいるわけではない。こんにち、うまく機能している数十万人もの人が、狂った経験がある。もっと多い数百万もの人が、落ち込み、恐怖、強迫、不安、パニック、そして原因不明の身体的痛みを選択したことがある。しかし、今はもうしていない。ある人たちは、このような創造性が提供するものを自分で拒否し始め、多くはカウンセラーの門をたたく。カウンセリングを受けて、自分の人生を効果的にコントロールできるようになり、このような行動を選択しなくなる。 Read More »

拒否するのが困難

Posted by nihonseiri - 10月 30th, 2013

落ち込みと一緒にして、精神科医はこのような全行動を精神病と呼ぶ。このようなほとんどの全行動は、神経症、精神異常、身体的苦痛(身体的原因のない頭痛や腰痛の類)というような項目に分類される。もしそうしたものが心底的なものであれば、カウンセリングをしても、こうしたものを選択している理由を見つけることがないかもしれない。しかし、ほとんど常に、人間関係の問題に関係している。愛の問題である必要はない。もっと気にかけてほしいということかもしれないし、要求を少なくしてほしいというものかもしれない。しかし、何であれ、重要な人間関係が私たちにとってうまくいっていないということだ。もし、不満足な人間関係を探しても、はずれてはいない。これが、私たちが狂う普通の方法なのだ。 Read More »

残りの人生を落ち込んで過ごす

Posted by nihonseiri - 10月 29th, 2013

結果は何であれ、創造システムの目的は、問題に対するある解決に導く新しい全行動を見つけようとすることである。落ち込むことは、大きい。すなわち、自分の人生に対してより効果的なコントロールを取り戻せない人、また、種々の立派な理由のために、不満足な人間関係をあきらめることを抱否する人が、残りの人生を落ち込んで過ごすことは珍しいことではない。彼らが自分の一症状をかかえるようになることはよくあることであるが、しばしば関節炎のような新しい痕状が、彼らの人生に十分なコントロールを与えるので、もはや落ち込みを選択しないですむ。関節炎は、私がカウンセリングをした二人の女性に対してそのような働きをした。関節炎は、彼らに取り組むべき何かを与えてくれた。大したことではないが、何かであったことは確かだ。 Read More »

無意識にマイナス方向へ流れる

Posted by nihonseiri - 10月 28th, 2013

私たちが自己免疫疾患にかかれば、医師を探す。医師はカウンセリングをするか、カウンセリングを納めるかして、問題解決に役立てる。このような行動は、失敗するかもしれないと恐れているものから引き離してくれる。落ち込んだり、病気になったりするほうが、新しい人間関係や新しい仕事を探すよりも簡単である。特に、拒否された経験があれば(私たちのほとんどは経験している)なおさらである。いくぶんかのコントロールを私たちに与えてくれるけれども、支払う代価はみじめになるという代価だ。私たちが落ち込んでいるときでも、私たちのみじめさや不満足感は、私たちを否が応でもより良い行動を探すように仕向ける。起こった出来事に対してあきらめの境地にあるように思えても、実際はそうではない。 Read More »